キャッシングを利用する人の中には、会社にバレることが嫌な人も多いでしょう。
会社にバレることが嫌な人は、申し込みの前に在籍確認なしのキャッシングを選んでください。
在籍確認なしのキャッシングというと、ヤミ金融などを想像するかもしれません。
しかし、有名な大手の消費者金融でも、在籍確認なしで利用することはできます。
一般的に在籍確認があることが当たり前になっていますが、利用する人のそれぞれの事情に合わせて、在籍確認なしで審査をしてくれるのです。
在籍確認なしで利用したい人は、申し込みをする前に調べてみましょう。
調べるときには、電話で問い合わせをするのが確実です。
また、電話で問い合わせて在籍確認なしで利用できることが分かったら、その方法についても確認してください。
もし追加で必要な書類などがあるのなら、電話で問い合わせたときに確認をしておくと、スムーズに申し込みをすることができます。
キャッシングは在籍確認なしで利用できることも重要ですが、手数料も重要です。
借り入れや返済をするたびに手数料を取られていると、例えそれがわずかな金額であったとしても、ちりも積もれば大きな金額となっていきます。
頻繁に借り入れと返済を繰り返す人ほど大きな負担となるので、必ず申し込み前に確認をしてください。
手数料が安い、もしくは無料なキャッシングを選んでおけば、会社にバレるだけではなく、負担が少なくなり安心して利用できるようになります。

会社にバレる心配がない在籍確認なしのキャッシングの仕組み

キャッシングするには審査に通らないといけません。保証人、担保なしで融資をするには高い返済能力が必要だからです。そのために氏名や年収、住まいの形態など様々な項目からなる審査で本当に返済能力があるのかどうかを測るわけです。
そんな審査の中に在籍確認があります。消費者金融から勤め先の会社に電話がかかってくるわけです。もちろんプライバシーを配慮して自分が消費者金融の者であるとは名乗りません。個人名でかけてくるので会社にバレることはありません。でも電話に出た社員にキャッシングの経験があればバレる可能性はあります。どうしても秘密にしたい場合は在籍確認なしのキャッシングを選ぶしかないのです。
そもそも在籍確認のために電話を利用する理由は、その会社に勤めていることを簡単に手際よく確かめられるからです。ただ、個人名の電話は取り次いでもらえない会社もあるでしょう。そんな場合は社員証や給与明細などを在籍確認とできるケースもあります。仕事や会社上の都合でどうしても在籍確認なしがいいなら、電話で問い合わせてみるといいでしょう。
ただ、そうでなくてもWeb完結申し込みで在籍確認なしでキャッシングできる消費者金融もあります。なぜ在籍確認なしで融資が受けられるのか、その仕組みはその会社に在籍していることが証明できる書類、例えば社会保険証や給与明細などの提出によって在籍確認とするからです。また、この場合はカードの発行もありませんので、指定口座への振込みという形での融資となるようです。