在籍確認とは「申告の真偽を確認」するためのもの

消費者金融を利用する際、ほとんどは「在籍確認」と呼ばれる方法で申告した勤務先が偽りでは無いことを確認されます。これは、「返済能力の有無」を確認する為の方法の一つで、「仕事に就いている」ことを確認する為に行われます。

消費者金融に審査を申し込む前提として、「安定した収入がある」という事が最低条件になる為、誰もがどこでどんな仕事をしていくらの収入(年収)があるという情報を提供します。しかし、これはあくまでも自己申告である為、極端な話では「勤務実態の無い勤務先情報を申告する」という事も可能です。

とは言え、実体のない情報で返済能力の無い人にお金を貸してしまうことは、消費者金融にとってリスク以外の何物でもない為、こうした方法で確認が行われます。

フリーランスなら職場確認なしで契約できる可能性もある

例えば自営業や個人事業主(フリーランス)である人は、自宅が職場になる状況は頻繁にあります。レンタルオフィスなどを利用している人であれば違いますが、自宅で仕事をしている人というのはたくさんいます。

そういった人が消費者金融を利用する際、勤務先と現住所が同じになる時は敢えて確認する必要性も無いと判断されることがあり、その場合は職場確認なしで契約することも可能です。また、一部では一定の条件下では誰でも職場確認なしで契約できるものもあります。当然、審査の結果次第という事にはなるのですが、職場確認に対して不安を感じている人などはこういったものを利用することで不安を解消することが可能です。